大和整骨院

名古屋の接骨院としてスムーズな流れで保険適用のご依頼にも対応いたします

WEB予約 オフィシャルサイト

交通事故後の流れ

交通事故に遭われた際のお手続き

FLOW

交通事故は突然起こります。事故直後はパニックになり落ち着いて対処することが難しい場合がございます。そのため交通事故にあった際にすべきことをフロー(流れ)として患者様へご説明いたします。事故直後から警察や相手の方(加害者)とどのようにやり取りをする必要があるか、必要な情報は何かという具体的な内容について熟知しておりますので、ご相談いただけます。

事故後はまず警察へ届け出が必要です

STEP01

事故を起こしてしまった場合も、事故に巻き込まれた場合も警察への報告は必須となります。特に怪我を負った場合は、人身扱いとなりますので、届け出は重要です。警察への連絡と合わせて自動車安全運転センターへ交通事故証明書の交付依頼を行う必要もございます。早めに問い合わせをしておくことで、後に必要書類の漏れがなくスムーズに手続きを行っていただけます。


お相手の方の情報も忘れずに収集

STEP02

事故を起こした場合に、お相手の方(加害者)の情報も忘れずに収集する必要がございます。相手方のお名前、ご住所、連絡先はもちろん、お車の情報も聞いておくことが大切です。車の登録ナンバーや自賠責保険名、自動車保険会社の名称、証明書番号もご確認が必要です。業務中に起きてしまった交通事故は勤務先の情報も合わせて収集しておくと後に役立つことが多いです。


現場での目撃者とも連絡先を交換

STEP03

相手の方とトラブルになってしまった場合に、現場を目撃した方の証言は重要となります。第三者の意見は後に起こる問題に対して効果が高くなります。通行人や交通事故の一部始終を見ていた方には連絡先を聞いておき、万が一の際には証人となっていただけるよう依頼をしておくことも大切です。その場で目撃した方から伺った話はメモに残しておくことで後から役に立ちます。


記憶が鮮明なうちに記録に残しておく

STEP04

人間の記憶はご自身が思っているより遥かに曖昧であることが多いです。事故当時の様子や現場の状況は写真や音声で残し、また、紙に地図を書いて状況を分かりやすく残しておくと良いです。記憶が鮮明なうちに、事故の経過も文章で残しておくと、後に起こるトラブルの際にもメモが大切な証拠となります。記録は賠償交渉が終了するまでしっかりと管理しておくと安心です。


医療機関で診断を受けることが優先です

STEP05

事故による症状は事故直後よりも翌日や時間が経ってから現れることが多いです。痛みがないからと放っておくのではなく、なるべく早めに医療機関を受診し、適切な検査を受けましょう。痛みがないため問題がないと思っていた場合も、後に強い痛みや痺れが出て、内臓などに不調が現れることもございます。医師による診断を優先し、重大な問題がないことを確認することが大切です。


痛みや損傷がある場合は大和整骨院へ

STEP06

事故後の後遺症でむち打ち症や痺れ、引き抜き損傷、打撲などに悩まされている場合は、大和整骨院で施術を受けていただけます。これまでに多くの交通事故の患者様を担当しておりますので、豊富な知識と経験から、一人ひとりの患者様の状態を把握し、最適な施術をご提供いたします。事故後に起こる痛みは精神疾患へつながることもございますので不安なことはなんでもご相談いただけます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。